施設の利用について

1)利用できる人

  • 青少年の家の施設の目的に沿って、当施設を利用して宿泊研修を行う団体、サークル、家族など、所長が適当と認めた場合に利用できます。
  • 日帰り利用の団体は、宿泊利用団体等の利用申し込み状況を配慮し受け付けます。

2)休所日(受け入れ業務をしない日)

  • 月曜日(※利用団体の要望に応じて開所します)
  • 年末年始(12月29日〜1月3日)
  • 臨時休所日(特別の事情により所長が必要と認めた日)

3)経費

  • 食堂での食事(朝食360円、昼食510円、夕食620円)
    ※原則10食以上で利用可。それ以下は要相談
  • 野外炊飯(カレーの食材)は1人分410円(ただし、米は各自持参)
  • シーツ・枕カバーク リーニング代:1人分150円
  • 施設利用料
  児童・生徒 一般・学生
宿泊室 310円 /1人1泊 620円 /1人1泊
キャンプ場 150円 /1人1泊 260円 /1人1泊
研修・訓練室 150円 /1時間 360円 /1時間
プレイホール(体育館) 360円 /1時間 720円 /1時間
薪代 50円/人 50円/人
キャンプファイヤー 要相談 要相談

4)持ち物

  • 研修資料・体育館シューズ・上ばき・石けん・シャンプー・洗面具・タオル・ビニール袋(ゴミは各自で持ち帰ります)等
  • 野外炊飯、登山、ハイキングの予定の場合、雨天時の予備準備もする。

5)その他

  • 「ナイトウォークラリー」の計画がある場合、担当者は当日、事前調査を行い安全対策に万全を期した後、団体の責任で行ってください。
  • 施設内は、館外、館内問わず、全て禁煙です。

【注意事項】

  • 体育館、研修室、講堂、運動広場等の施設は、各団体同士の調整での使用となります。
    申し込みが早い方が優先ということではありません。