野外炊飯研修

所長の指導で「飯ごう」にも挑戦
所長の指導で「飯ごう」にも挑戦

はいさい!前川です。

5/3・4の主催事業「親子ふれあいキャンプ~スプリングキャンプ」を間近に控え、天気も良いのでスタッフの野外炊飯研修と称して、事業で実際に作る野外料理を作ってみました。

今回のメニューは「ローストチキン」と「ベーコンと野菜の重ね煮」です。

あと、最近ではめっきり出番の少なくなった「飯ごう」による炊飯にも、照屋所長の指導のもと挑戦します。

 

窯づくり
窯づくり

まずは耐火煉瓦で窯を作ります。

ダッチオーブンへ具材を豪快に投入する古網主任
ダッチオーブンへ具材を豪快に投入する古網主任

ローストチキンの材料はにんじん、じゃがいも、にんにく、鶏肉です。

野菜は皮もむかずにジャンボリーに切り、鶏肉には全体に塩コショウをすりこんだ後ににんにくを詰め込み、準備OK。

予め温めておいたダッチオーブンの中央へ鶏肉を置き、あとは野菜を周りに入れるだけ。

蓋を閉めて、40分ほど蒸し焼きにします。

鍋にはオリーブオイルを敷きます
鍋にはオリーブオイルを敷きます

ローストチキンを待つ間に、ベーコンと野菜の重ね煮を作ります。

ベーコンとウインナーを適当に切ります。

キャベツは大きめに、玉ねぎは輪切りにします。

上記の材料を3等分しておきます。

タマネギ

キャベツ

ベーコン、ウインナーの順で具材を重ね、これを3回繰り返します。

その上からトマトの缶詰を入れます。

最後にチーズを乗せて、固形スープの素と水(2缶分)を加えて、中火で20分煮込みます。

火起しは落ち葉やおが屑などを着火剤に使って、マキの細いものから太いものへ火を移します。

みんな火にかけます。

ちなみに写真はありませんが、コメは大体人差し指・第一関節の深さまで水を入れて準備しました。

飯ごうで上手にコメを炊くコツは、強火で包み込むようにするそうです。

しばらくすると、写真のように泡が出てきます。

これが止まって乾燥してくると、大体OK。

火から遠ざけて、蒸らします。

ライスクッカーは上手に炊けました。

飯ごうも焦げていません。ライスクッカーで作ったものより、なんとなくみずみずしい感じがします。

※味は飯ごうのほうが大分おいしかったと個人的には思います。

ベーコンと野菜の重ね煮もうまそうにできました。

ローストチキンも最高の出来です。

天気も良いから、なおうまそう!

5/3・4は曇りがちの予報ですが、晴れ間が見えるとよい日和となりそうです。

皆さまのお越しをスタッフ一同お待ちしてまーす。

 

前川

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    tama (日曜日, 28 4月 2013 10:31)

    ローストチキン、美味しそう〜