話のタネ

ハイキングコースでよく見かけるイジュの種
ハイキングコースでよく見かけるイジュの種

はいさい!

前川やいびん。

 

すっかり秋めいて、事務所では上着を着るほど涼しい最近の名護青少年の家より、小ネタをお届けします。

 

ハイキングコースでよく見かけるこちらのタネ。

なんだかわかりますか?

 

答えは、梅雨時期に白い花を咲かせる「イジュ」です。

 

んで、この種を真ん中で割ると、ちょっと楽しいものが現れるんですよ。

 

イジュのタネを割ると出てくるものは・・・
イジュのタネを割ると出てくるものは・・・

はい、これです。

 

皆さんには何に見えますか?


左のタネ半分は、枝の名残がついているので、タネ右半分とは雰囲気が異なりますね。

 

見ようによっては、人の顔に見えませんか?

 

 

私には、左は御主前(ウスメー)に右は婆前(ハーメー)に見えます※。

特に御主前は烏帽子を被っているように見えますし、偶然かどうか婆前の髪が真ん中分けで白髪に見えませんか?

 

森に落ちている何気ない種も、じーっと観察すると結構楽しい話のタネになるかも!?という話でした~。

 

※ウスメーは「おじいさん」、ハーメーは「おばあさん」を意味する沖縄語です。

 

前川