懐かしの宿泊学習

みなさん。お久しぶりです。

事務補助の「アオノ・クマ・タケラン」です…

 

お久しぶりです 『與儀』です。

 

 

5月の末頃から、小学校の宿泊学習での利用団体が増え始め、

ココロオドル毎日を過ごしています。

 

 

思い返せば、

小学5年生の時の宿泊学習では、石川青少年の家にてスープカレーを作り、

小学6年、中学2年の頃には、リーダー研修で渡嘉敷にてスープカレーをつくり…

 

 

あまり…

 

でも、それだけ思いでに残るのですね^^

 

先輩職員からは「野外炊飯は、美味しくご飯を作る」ことだけが目的ではないと聞き、

確かに‼と思っている僕です。

 

日常生活で感じることが難しい「親のありがたさ」や「電気やガスの便利さ」、「協力して一つのメニューを仕上げるむずかしさ」等を野外炊飯を通して、『感じる』、『気づく』ことが本来の目的であるべきだと思う與儀なのです。

 

 

指導する僕たち職員の役割は、『教える』のではなく『支える』こと。かな、、、と青少年の家で働き始めて3カ月目の與儀は思うのです。

 

 

それにしても、

子どもたちは元気ですね^^

 

  子供たちの一生の思い出になると思うと、荷が重いですが、それだけやりがいのある手伝いが出来てうれしいです。

 

 

  学校教育と社会教育の在り方について、もっと勉強したいと思う今日この頃です。

 

追伸:先日、名護岳引率で登った際に、心が折れそうになったので、

少しずつ走って、今年度中にマラソン大会に出場しようと誓いました。

 一緒に走る方、募集中です。 意外だとおもいますが、2年前までは、「趣味は、マラソン」と答えていた與儀なのです…   夏がきますね。 頑張りましょう。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ゆうすけ&ゆうき (金曜日, 06 6月 2014 14:52)

    親子キャンプでご飯が焦げてた。お母さんはビックリしてた。2割の中に入ってしまったと難しいことを言っていた。カレーは美味しくできたよ!次はピザも作りたいな。ゆうすけ

    ヤモリが家で鳴いてるよ、虫を食べるからお母さんは好きだって、まだイボイモリは見つからない、学校には毛虫が沢山いる、手がぶつぶつになった。ゆうき

  • #2

    yogi (土曜日, 07 6月 2014 17:28)

    ゆうすけくん
    ご飯を美味しく炊くには、いくつかのポイントがあるからね^^ どうやったら美味しく炊けるか考えてまたチャレンジ、チャレンジ^^ 石窯ピザウェルカムですよ~。 手作りのピッツアは最高にデリシャスだよ。

    ゆうきくん
    これからの季節 やもりくんは、大忙しかもしれないですね。 たくさん毛虫がいるね^^
    大きくなったらどんな姿になるか楽しみだね。 ただ、ぶつぶつができるかもしれないから、気を付けてね~~^^