シトラス系の香り

21日のブログ担当は坂下です。昨日、宿直で迎えた朝。新聞を取りに出ると、ナングスクを包むシトラスの香り。この季節、沖縄でシトラスといえば「ゲッキツ」。生垣などによく使われている、人と関わりの深い美しい植物です。でも車が排気ガスをまき散らしながら走り回っている街の中では、これほどゲッキツの花に芳香があるとは気づきませんでした。暑さをひととき、ひきしめるような、柑橘の芳しさ。でも、この写真・文章では「伝わらないなぁ」と脱力。インターネットやSNSが発達して各地の映像が、手軽に情報として入るようになりました。けれど余計に技術の限界を感じるようになりました。山を包む香、体験しないと伝わらない。香りに関する感覚もまた人それぞれでしょうし。体感したい方は、名護城公園で朝の散歩をどうぞ。坂下でした。次は7月29日です。