倒木処理行いました

こんにちは。仲健です。

今日は昨日の雨模様とは一転し、温かい

晴れたポカポカ陽気でした。

 

天気が良いうちに!!!!ということで

 

名護岳ハイキングAコース6番→12番     に向かう間に倒木がありましたので

安全に通行できるように

撤去作業を行いました。

 

Before

太く硬い木で時間かかりました。

After

 

安全に通行が可能になりました。

 

名護岳ハイキング中の倒木は

大変危険ですので

 

 

その他、倒木の可能性のある

木を探してみました。

 

 

沢コース出口7番→入り口5番に向かって歩くと

5分程で危険な木がありました

 

伐採処理を行いました。

 

 

Before

After

 

わりと細い方の木で

すぐに処理できました。

先ほどの場所から進むとすぐありました。

 

危険な太い大きな木が倒れそうでした。

 

結構太く硬い木でした。

 

Before

After

 

その周辺の2本の木も気なりましたが

 

そのまま進みました。

これまた危険な木が!!

 

先ほどの場所からまたわりと近くにありました

 

Before

After

 

わりとあっさり決着つきました。

作業には慣れてきましたが

腕や腰がだんだん痛くなってきました。

 

そのまま進みました。

水辺周辺にまた気になる木を発見!!!

 

 

 

Before

After

 

本日はここで

降りてきた7番の車へ引き返しました。

 

利用者の安全面を考慮すると

定期的に必要な作業ですので

この先も後日行う予定です。

この木は車で走っている時に思わずブレーキを

踏んで降りて確認しました。

 

7番へ向かう舗装路で右側が以前の土砂崩れの影響で赤土むき出しの場所になります。

 

おそらく斜面の地盤はゆるゆるで崩れる恐れあります。あまりにも大きなものでありますので

重機が必要な規模です.

私たち青少年の家の職員の対応できる範囲を超えるので名護市に対応してもらえるか確認します。

 

是非、安全な走行をお願い致します。